イヤホン・ヘッドホン

SHURE SRH440 ポータプル用ケーブル

絶賛愛用中の「SHURE SRH440」ですが、お外で使うには付属のカールコードは重すぎるというのが難点。純正のストレートケーブルもあるのですが、それは2.5mもあってかなり長すぎる。せっかく交換可能なシステムなのですから、さくっと適当なケーブルに交換しようと思ったのが長い旅の始まり…

ヘッドホン側は2.5mm超ミニステレオプラグというもので、それを普通の3.5mmミニステレオプラグに変換する必要があるのです。

Dsc00330

Dsc00326

Dsc00329
(そのままでは入らないから、先を削っています)

と、まあ、最初はヘッドホン側に2.5→3.5変換プラグを差してやろうと思ったのですが、この方法だと、どうしてもプラグの長さが長くなってしまって、装着すると肩の辺りにケーブルが当たってしまうのですよね^^;
これでは使えなくはないですけど、当たるたびに気になって仕方がないです。

Dsc00331

Dsc00332

そこで、50cm長の2.5mmプラグのケーブルをこちら(ここのケーブルだと無加工でヘッドホンに入ります)で購入して、「FiiO E1」のリモコン部分に2.5→3.5変換プラグを入れることにしました。
リモコン部分は不格好になってしまっていますけど、それはもうあきらめて、しばらくはこれでいくことにします。
本来は、ケーブルを自分で短くする技術やお店が近くにあれば、純正のストレートケーブルを短く切って使うということも出来るみたいなのですけどねぇ

でも、ここまでいろいろやってケーブルは用意できたのですけど、肝心のSRH440は最初の1回だけで、その後、お外では一切使ってないという現実w
電車の長時間移動とかにならいいのでしょうけど、通勤通学で頻繁に歩きもはいるような用途だと、このヘッドホンだけでも結構重いのですよね^^;

| | コメント (0) | トラックバック (1)

iPhone用ポータブルアンプ「FiiO E1」

----------ブログ移転のお知らせ----------

Img_0449

iPhone用ポータブルアンプ「FiiO E1

ポータブルアンプには以前から興味があって、「Fiio E5」は海外通販のついでに購入していたのですが、Dockケーブルがけっこう高価でどうしようかと思っていました。
そうこうしていたら、オーテクからも「AT-PHA30i」が発表され、品質も良さそうだったので音にも期待していたのですが、実際に試聴してみると価格ほどの効果は感じられませんでした。

そんなことをTwitterでつぶやいていたら「FiiO E1」のことを教えていただきまして、これなら安いですから、失敗してもいいやと購入してみることに。
時間が無くて、お店でも試聴せずに買って帰ったので、最初は不安でしたけど、長く使ってみるとそんな不安は消え去りました。

製品の細かな説明はこちらの公式サイトにお任せするとして、実際に使ってみた感想を書いていきます。まず、Dockコネクタはかなり大ぶりで、わたしはiPod touchにつないで使っているのですが、結構邪魔になるサイズです。そして、そこから伸びるケーブルもちょっと長くて、ケーブル長が0.5mのイヤホンでも少し長く感じるくらいです。

次にリモコン部分ですが、コンパクトでデザインもさりげなくて好印象です。操作は再生/一時停止・ボリューム大/小・曲送り/曲戻りが行えて、touchでもiPhoneでも問題なく使えます。しかし、Hold機能などはなく、ボタンの形状から曲送り/曲戻りの誤操作が起こりやすく感じました。あと、細かな点でいえば、iPhoneにこの手のDockアクセサリをつなぐとエラーがでることがありますけど、この製品ではそういうことはありませんでした。

肝心の音質は、最初の1音を聞いただけでわかるくらい、霧が晴れた感じというかすっきりした音に変化します。しかし、始めて聴いたとき、この音がいい音なのかどうか、正直判断に迷いました。というのも、すっきりとはしているものの、空気感みたいなものが削がれているというのか、音の一体感や雰囲気がないというのか…
しばらく聴いていてわかったのですが、このアンプを通すと1つ1つの音がはっきりと聞こえる分、バラバラに聞こえてしまうのかもしれません。ですが、解像度を高く感じるかというと…?なので、なんとも評価を下しにくいのです。

なんだか微妙な言い回しになってしまいますが、普通にヘッドホン出力から聴くよりは、確実にすっきりとしたクリアな音に変化はしますし、この価格であれば、単純にリモコンが欲しいという人にもオススメできます。しかし、電池の消耗は激しくなるらしいので、iPhoneで使われる場合には注意が必要かもしれませんね。

このアンプを使って音楽を聴いていると、ときどきはっとさせてくれるような瞬間があったりもして、アンプの世界も奥が深いなぁと感じていますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SHURE SRH440

Img_0432

twitterでは報告済みですが、2010年もやっぱりヘッドホン・イヤホン欲しい病が…

わたしが所持しているものは、どれもわりとクセの強いものが多くて(オーテクやBOSEなど)、次買うならフラットな音質のヘッドホンが1つ欲しいなぁと思っていたのです。
そんなとき、カナル型イヤホンでは有名なSHUREがヘッドホンを発売したという話を聞き、ネットでの評判もみるとかなりの高評価。
もともと、SHUREのイヤホンというと、わりとフラットな鳴り方をすることで有名ですし、きっとヘッドホンも同じような傾向だろうなぁと、この時点ですでに買う気満々でした。

ところが年末は忙しく、視聴に行く機会もなく、渋々棚上げしていたのですが、年が明けてやっと時間も出来たので、さっそく視聴してきました。
最初聴いた印象としては「あれ?こんなもの?」という感じだったのですけど、よくよく聴いてみると、この特徴のなさが特徴なのですね。
低音が豊かとか高音が煌びやかとか、そういった目立った特徴はないのですが、一音一音がはっきりと聞き取りやすく、だからといって五月蠅くはならず、非常に耳心地のいい音なのだと気が付きました。

SRH440とSRH840を視聴したのですが、2つを比べるとたしかにSRH840のほうが音に高級感というか深みがあります。そのぶん、表情も豊かで聴いていて気持ちがいいのはSRH840だと感じました。
しかし、少しの差とはいえ、SRH840は重量が重く、装着感に難がありますね。
SRH440でも十分に重く、結構な負担に感じるのですが、SRH840はさらに重いです。

Img_0431

そのほか、価格のバランス(コレ重要w)も考慮して、わたしはSRH440を購入することにしました。
家では鳴らしっぱなしにして聴いていますけど、このクラスのヘッドホンで聴くと、同じ曲でも新たな発見があったりして楽しいですね。
でも、ヘッドホンがよくなると、今度はiPodでは物足りなくなりそうで怖いですw

次回はヘッドホンケーブルについて…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Sony MDR-NC33

Img_0307

つぶやいたまま、書いた気になっていた「SONY MDR-NC33」についての感想です。
といっても、まだ数回しか使っていないので、それほど慣らし運転はできていません。

比較対象はSonyの「MDR-NC22」相当の「MDR-NC32NX」です。
この先代モデルは、お世辞にも音質がいいとはいえず、のっぺりとした感じの音でじっくり聞くには全く向かないものでした。
肝心のノイズキャンセル機能のほうも、周囲の雑音が若干遠くなるかな?という程度でして、以前SonyのCMで雑踏の中ノイズキャンセルをONにするとシーンとなる…みたいなのがあったと思うのですが、あんな劇的な効果は感じられませんでした。

そして、今回の「MDR-NC33」です。
まず、ノイズキャンセルをOFFにした状態での音質ですが、これは明らかに良くなっています。
「MDR-EX300」がベースになっているということもあって、非常にメリハリの効いた音で外で使うことを考えると、このくらいでもいいのではないかと思います。
しかし、やっぱり、解像感という意味ではいまいちで、全体的にぼんやりした印象は受けます。

次にノイズキャンセルをONにすると、スッと音が引くような感じがして、少しすっきりとした音に変わります。
それでも、基本的な音の傾向は変わりなく、NC22に比べれば全然まともです。
このくらいなら、普通のイヤホンと比較しても、それほど遜色なく聞けるかと思います。
ただ、まあ、価格を考えれば、まったくもって納得できるものではありませんけどね^^;

最後になりますが、ノイズキャンセル機能自体の評価は…正直よくわかりません。
周囲の騒音を約90%低減するとうたっていますけど、NC22と比べて特別よくなったとも思えないのですが?
でも、電車の中などでは、過度な期待をしなければ、十分に役立ってくれるかと思います。
あと、ボタンを押すと周囲の音が聞こえるようになるモニター機能は結構便利ですね。

それから、いろいろいわれているコードの長さですが、たしかに電池ボックスの位置がおかしいですよね^^;
もっとプラグ側にあればプレイヤーと一緒にカバンに入れることもできるのに…この位置だと、嫌でも表に出てきてしまって、取り扱いに困りますよねぇ
クリップもついているのですが、電池が入っていますからそれなりに重量もあり、洋服につけるというのも、ちょっと…ですしね。

とりあえず、こんな感じですが、最近値下がり傾向にあって、そこそこお買い得感がある価格になっていますから、ノイズキャンセルを試してみたいという人には良いのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イヤホン選定結果発表2009

Img_0302

こちらでいろいろ悩んでいた新しいイヤホンですが、結果的には「audio-technica ATH-CK9」に決定いたしました~(*^∇^)v
決定の動機としては、とにかくあのキラキラ高音をもう一度聴きたかったというのが一番大きかったです。

かつてメインで使っていた「ATH-CM700」が断線してしまってからは、しばらく「BOSE IE-S」をメインに使っていたのですが、これはタイプ的にオーテクのイヤホンとは真逆の性質を持つ製品なので、独特の空気感みたいなものを味わうにはいいのですが、ちょっと物足りなさも感じていました。

そこで、最初は「audio-technica ATH-CM700TI」で決定かなぁと考えていたのですが、どうせ買うなら少し違うものが欲しかったというのと、ATH-CM700と違ってATH-CK9はすでに生産終了しているということもあって、市場の在庫も残り少なくなっていたというのも決定の後押しとなりました。

さっそく取り出して音楽を聴きながら、この記事を書いているのですが、「あぁ、これこれ」という感じでオーディオテクニカのキラキラ高音を堪能しています。低音は弱いといわれていますけど、ATH-CM700と同様の上品で乾いた低音は個人的には大好きです。

その他、装着感はもともとカナル型が苦手だというのもあると思うのですが、圧迫感はそれなりにあります。あと、イヤーピースがSonyのより堅くて、Sサイズでもちょっと痛いですね。遮音性はそれなりにありますが、音漏れはカナル型にしてはするほうだと思います。それから、このイヤホンを普通に着けるとコードに触れる音がかなり気になりますね。コードを耳にかけるスタイルにすると緩和しますけど、着けるのに慣れるまではちょっと手間取りそうです。

第一印象としては、まずはこの魅力的な音に再び出会えただけで大満足です(*゚ー^)ъ☆
やっぱり、オーディオテクニカのこのタイプの音はクセになりますね。でも、最近の機種は低音重視になってしまっていたり、少しバランスがおかしいものばかりですよねぇ^^;
ATH-CK9の後継機種?である「audio-technica ATH-CK90PRO」も試聴してみたのですが、店内がうるさかったせいもあるかもですが、いまいちピンと来ませんでした。

あとは、このカナル型に耳が慣れるかどうか…。いくら音がよくても耳が痛くなってしまうのでは使えませんからね。ホントは使い慣れたSonyのハイブリッドイヤーピースが使えるとよかったのですが、試しに付けてみてもスカスカですぐに抜けてしまいそうで怖くて使えませんでした。

これもしばらく使ってみて、また感想の変化などありましたら、追加して記事を書きたいと思います。

その他のイヤホンについては、イヤホン・ヘッドホンカテゴリ

追記:
Sonyのハイブリッドイヤーピースですが、新品であれば抜けやすいということもなく、使えそうな感じです。
スカスカだったのは、別のイヤホンで使っていて伸びてただけみたい^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イヤホン選び 2009

現在、1年に数回は必ずやってくる、イヤホン・ヘッドホン欲しい欲しい病が発症中であります。

身につけるものって、ずっと同じものだと飽きてしまいますし、イヤホンを新しくすると音の変化も楽しめるから、ついつい新しいのが欲しくなってしまうんですよねぇ
だから、逆に言うと3万円くらいする「コレだっ」っていうものを買ってしまうと、もう次がないというのもあるので、買うとしたら1万円前後のもの中心になるんです。
(単純にそんなにお金がないというのもありますが^^;

そんなわけで、現在気になっているのは…


Apple In-ear Headphones with Remote and Mic MA850G/A

コレはずっと気になっていて、BA型にしてはとても経済的ですし、見た目もいい('∇^d)
音質に難アリとの情報もありますが、それがどれほどのものか…
リモコン部分もiPhoneならフル機能使えるということで、いまのところ第1候補です。


audio-technica ATH-CM700TI

手持ちの「ATH-CM700」が断線して以来、オーテクのキラキラ高音が恋しくて仕方がないです><
同じのを買い足すのもアレなので、次買うとしたらTiかなぁと候補に挙げています。


Etymotic Research ER-6I

音質的には一番興味のあるイヤホンです。
難点は価格とカナル型の圧迫感ですねぇ


audio-technica ATH-CK9

これも音質的には同傾向かな?
そろそろ生産終了との噂もあるみたいですし、1つ買っておきたい気もする。

その他、この価格帯では定番のSHUREですが、わたしの好みとは少し違うので、今回は外させていただきました。
また、「M-AUDIO(ULTIMATE EARS) IE-10」も気になるところなのですが、これまた価格の面で少し厳しいなぁという感じです。


AKG K420

ヘッドホンなら、これか「Sennheiser PX-200」あたりなのでしょうけど、とりあえず、K26Pを持っていますから、このクラスのはもうイラナイかなぁとも。
次買うとしたら、やっぱり先日発売された「BOSE QuietComfort15」か、最近なにかと話題の「AKG K701」クラスのが欲しいなぁと思う。

こんな感じで、ただ単に物欲を垂れ流したような内容になってしまいましたけど、予算的には「Apple In-ear Headphones with Remote and Mic MA850G/A」が一番魅力的で、音質的にはオーテクの「ATH-CM700TI 」か「ATH-CK9 」がやっぱり欲しいなぁという感じですねぇ
また、購入したら、なにを買ったか報告したいと思いま~す(*゚ー^)ъ☆

あ、それから、音質に関しては、たいして耳には自信のないわたしの勝手な意見なので、ツッコミどころ満載だとは思いますが、そこは目をつぶっていただけるとありがたいです><

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPhone/iPod専用マイク付きヘッドホンアダプター

マイク付きヘッドホンアダプター

iPhoneを買ってからは、音楽は主にBluetoothレシーバーの「HBH-DS205」を使って聴いていたのですが、充電し忘れて使えないときなど、有線で聴くときにも使えるリモコンはないものかと探していました。
そこで見つけたのが「audio-technica AT335i」です。

機能としては、iPhone付属のイヤホンについていたリモコンと同じようなことができて、電話に応答することができたり、音楽再生時には再生/一時停止、曲送り/曲戻りなどの操作ができます。
ちなみに、操作ボタンが1つだけついていて、電話着信時にはそれを押すと応答/終話、音楽再生時には1回押すと再生/一時停止、2回押すと曲送り、3回押すと曲戻りとなります。

想像していたよりはずっと操作性もよくて、ボタン1つでも過不足なく使うことができます。
ただ、このリモコン自体が大振りなこともあり、クリップもついているのですが重さが少し気になるかもです。
それから、スライド式のボリュームも付いているので、とっさにボリュームを下げたいときなどには重宝しますね。
あと、ホールドスイッチなどは無いですが、まあ、誤操作の心配はそれほど感じませんから、無くても問題はないかと思います。

とりあえず、ケーブルが0.5mのイヤホンを使っている人には、延長ケーブル代わりにこれを使うといいのではないでしょうかね?安いですし
(AT335iのケーブル長は0.6m)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

HBH-DS205使ってみた

Img_0031

「HBH-DS205」ようやく開封('∇^d)
最近はずっと「BOSE IE-S Headphones」をメインに使用していたので、Bluetoothは使っていませんでした。
でも、せっかくBluetooth内蔵のiPhoneを買ったわけですから、試してみないわけには…ですよね。

Img_0033 Img_0034

以前に使っていた「DRC-BT15」との比較。
ひとまわり小さくなった印象です。
DRC-BT15と違って、HBH-DS205のクリップは外せないんですね。

肝心の音質は…まあ、Bluetoothにしてはいいほうだと思います。
若干ノイズっぽくてのぺっとした感じはしますが、外で使う分には気にならない程度ではないでしょうか。
(イヤホンはBOSE IE-SとSONY MDR-EX500を使いました)

「DRC-BT15+TMR-BT8iP」を使った場合と比較しても、たまに音が途切れたりはしますけど、それほど遜色なく使えています。
ただ、残念ながらHBH-DS205からの曲送りや曲戻りはできないんですね。

ちなみに、iPhoneにTMR-BT8iPをつないでみると、警告メッセージは出ますが使えます。
もちろん、曲送り曲戻りもできます。
まあ、せっかく内蔵されてるものを外付けにするほど無駄なことはないですけどね^^;

Img_0035

そして、HBH-DS205を使う最大のメリットともいえるUSB充電ですが、海外向けのソニエリ携帯用USB充電ケーブルがそのまま使用できます。
これはすごく便利(巻き取り式を買えばよかったとちょっと後悔中)。
DRC-BT15だと、専用の充電台にのせないと充電できなかったのが使いづらかったですからねぇ
あと、DRC-BT15との違いでいうと充電中も使えるようになっていますね。

Img_0036

使い始めたばかりなので細かいことはまだわかりませんが、ざっとこんな感じです。
イヤホン別のBluetoothレシーバーとしては一番おすすめできる製品ですね。
ですが、DRC-BT15から買い換える価値があるかというと…USB充電にどれだけの価値を見いだせるかではないでしょうか。
曲送りや曲戻りなどの操作はDRC-BT15のほうがしやすいですしね(iPhoneでは関係有りませんが)。

追記:
ご質問があったので…
USB充電ケーブルはこちらで購入しました。
送料も入れると2千円くらいになるので、ちょっと高めですが、すぐに欲しかったのでこちらで注文しました。
安く買いたいor巻き取り式が欲しい場合は、eBayで探してみるといいかもです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Sony「MDR-NC32NX」

Download

MDR-NC32NX」がワゴンセールに並んでいたので思わず購入。
ホントは白がほしかったけど、選択の余地はなかったので黒。

iPod Touchや旧iPodを首からぶら下げるのも肩がこりそうなので、Bluetoothレシーバー「DRC-BT15P」で使ってみる予定です。
iPod側にはBluetoothトランスミッター「TMR-BT8iPを使用。
この組み合わせは、Bluetoothであることを意識せず手軽に使えて、音もほかの組み合わせに比べて頭一つ飛び抜けていて、ホントすばらしいです。

Download_2

静かな室内で聞いてみる限り、音質には過度な期待はしないほうが…という感じですね。
低音が控えめなのはいいとしても、高音がシャカシャカと安っぽく、全体的にこもり気味の音です。
音の傾向としては、SonyのE931やEX85に近い感じでしょうか。

あと、ノイズキャンセルのオンオフでも多少音質が変化して、オンの時のほうが音のこもりが少なくてすっきりした感じになりますね。
ただ、サーッという感じで小さなノイズが入るので、どちらにしても静かなところで聞くものではありません。

もともとBluetoothとの組み合わせで考えていたので、これから野外で使ってみて、その真価が問われるという感じでしょうか。
それから、ネックストラップ自体の作りとしては、コードも糸巻きで手触りがいいですし、デザインもそんなに主張してない感じがわりと良いです。
首の後ろに来る電池ボックスがちょっと…とは思いますけど、電池が前面にくると邪魔になりますし、ここは仕方がないところですね。

色の組み合わせとか考えると「HBH-DS205」も欲しくなるなぁ

イヤホン・ヘッドホンのカテゴリーはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寒いし耳当て変わりにも…

Dsc00187

Panasonic「RP-HTX7」とBOSE「InEar-S Headphones」
ここ数日使ってみましたので、少し感想でも書きたいと思います。

まず、Panasonic「RP-HTX7」はやっぱり見た目が魅力的ですねぇ
レトロ風のかわいさでカジュアルなかっこなら合わせやすいです。
価格の割に作りも安っぽくないですし、装着感もいいほうだと思います。
ただ、音のほうは…かなり微妙^^;
低音はボンボンしまりのない音ですし、高音もシャリシャリと五月蠅いです。
もともと、じっくり音を聴くタイプのヘッドホンではありませんから、お外で使うおしゃれアイテムのひとつと思えば、良い買い物だったかな?

続いてBOSEの「InEar-S Headphones」です。
こちらは第一印象とあまり変わっていないのですが、とりあえず、遮音性がなさすぎ^^;
電車の中とかで聴くと、まったく音楽は聞こえません。
そのかわり、まわりの音ははっきりと聞こえるので、お散歩などにはいいのかも?
あと、意外だったのは、音漏れはほとんどしないですね。
静かな室内で、少し五月蠅いくらいのボリュームで聴いていても、音漏れは確認できませんでした。
あと、外見的なポイントでいうと、白黒のケーブルがかわいいですね。
そして、音の特徴としては、低音がボンボンとなって、中高音域を覆い隠してしまっている感じ。
中高音はわりと繊細で品のある音なのでもったいないです。
iPodならEQでBass ReducerかTreble Boosterにするとちょうどいいかなぁ
(どちらにしても中音は埋もれたままなので費用対効果は最低ですが…

と、こんな感じでしょうかねぇ
いちおうフォローしておくと、BOSEのIEは聴く音楽のジャンルによってはうっとりするような音を鳴らす場面もあるので、質自体は悪くないんだと思います。
でも、やっぱり、個人的にはもう少し乾いた感じの低音が好みかなぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)