« SHURE SRH440 | トップページ | NetFront Browser v4.0 for WM コンセプト版 »

iPhone用ポータブルアンプ「FiiO E1」

----------ブログ移転のお知らせ----------

Img_0449

iPhone用ポータブルアンプ「FiiO E1

ポータブルアンプには以前から興味があって、「Fiio E5」は海外通販のついでに購入していたのですが、Dockケーブルがけっこう高価でどうしようかと思っていました。
そうこうしていたら、オーテクからも「AT-PHA30i」が発表され、品質も良さそうだったので音にも期待していたのですが、実際に試聴してみると価格ほどの効果は感じられませんでした。

そんなことをTwitterでつぶやいていたら「FiiO E1」のことを教えていただきまして、これなら安いですから、失敗してもいいやと購入してみることに。
時間が無くて、お店でも試聴せずに買って帰ったので、最初は不安でしたけど、長く使ってみるとそんな不安は消え去りました。

製品の細かな説明はこちらの公式サイトにお任せするとして、実際に使ってみた感想を書いていきます。まず、Dockコネクタはかなり大ぶりで、わたしはiPod touchにつないで使っているのですが、結構邪魔になるサイズです。そして、そこから伸びるケーブルもちょっと長くて、ケーブル長が0.5mのイヤホンでも少し長く感じるくらいです。

次にリモコン部分ですが、コンパクトでデザインもさりげなくて好印象です。操作は再生/一時停止・ボリューム大/小・曲送り/曲戻りが行えて、touchでもiPhoneでも問題なく使えます。しかし、Hold機能などはなく、ボタンの形状から曲送り/曲戻りの誤操作が起こりやすく感じました。あと、細かな点でいえば、iPhoneにこの手のDockアクセサリをつなぐとエラーがでることがありますけど、この製品ではそういうことはありませんでした。

肝心の音質は、最初の1音を聞いただけでわかるくらい、霧が晴れた感じというかすっきりした音に変化します。しかし、始めて聴いたとき、この音がいい音なのかどうか、正直判断に迷いました。というのも、すっきりとはしているものの、空気感みたいなものが削がれているというのか、音の一体感や雰囲気がないというのか…
しばらく聴いていてわかったのですが、このアンプを通すと1つ1つの音がはっきりと聞こえる分、バラバラに聞こえてしまうのかもしれません。ですが、解像度を高く感じるかというと…?なので、なんとも評価を下しにくいのです。

なんだか微妙な言い回しになってしまいますが、普通にヘッドホン出力から聴くよりは、確実にすっきりとしたクリアな音に変化はしますし、この価格であれば、単純にリモコンが欲しいという人にもオススメできます。しかし、電池の消耗は激しくなるらしいので、iPhoneで使われる場合には注意が必要かもしれませんね。

このアンプを使って音楽を聴いていると、ときどきはっとさせてくれるような瞬間があったりもして、アンプの世界も奥が深いなぁと感じていますよ。

|

« SHURE SRH440 | トップページ | NetFront Browser v4.0 for WM コンセプト版 »

iPhone」カテゴリの記事

イヤホン・ヘッドホン」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/144794/32991356

この記事へのトラックバック一覧です: iPhone用ポータブルアンプ「FiiO E1」:

« SHURE SRH440 | トップページ | NetFront Browser v4.0 for WM コンセプト版 »