« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

iPhone(スマフォ)でiモードメール モバセク編

----------ブログ移転のお知らせ----------

以前「iモード.netをiPhoneで使ってみる」で紹介した「iモード.net Gateway (darkmark blog)」ですが、これと似たような機能を提供してくれるサービスに「モバセク ドコモメールを転送β版」というモノがあります。

こちらであれば、自分でサーバーを用意する必要が無く、とても手軽に利用することができます。現在、β版ということで無料で利用できるのもありがたいですね。

ここ数週間利用してみたのですが、基本となる受信・返信は問題なさそうです。受信間隔を「随時」にしておけば、5分~10分程度の遅れで転送先に送られてきて、そのメールにそのまま返信すると、ちゃんと相手方に返信メールが(ドコモのメアドで)届きます。
このサービスを使えば、本来は使用できないスマートフォンなどでも@docomo.ne.jpのメールアドレスを使うことができて、より便利になるのではないですかね?

ただし、問題もあって、このサービスはiモード.netを使っていることから、巡回のたびにログイン確認メールがたまっていきます。このメールはiモード.net経由では消去できないので、定期的にガラケーにSIMを戻してメール全消去をする必要があります。
この作業が結構面倒なので、いまは受信間隔を30分ほどにして使っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Sony「BDZ-RX100」

年始の大きなお買い物としては、リビングに置くブルーレイレコーダーを購入しました。といっても、わたしが買ったわけではなく、家族が…です。

個人的にはPS3やPSPをもっているから、おでかけ転送やホームリンクなどが使えそうなSony押しだったわけですけど、父はビデオカメラの映像を取り込みたいから、どうしてもi.LINKが必要だと500GBモデルでもi.LINKのついているPanasonic押し。
そんなこんなで一悶着あったものの、結果はSony「BDZ-RX100」を購入するということで決着いたしました。

購入翌日には、Panasonicの新モデルが発表になったりと、購入時期的にはどうなの?という部分もありましたが、とりあえず、「BDZ-RX100」のXMBは多少もっさりするものの操作は使いやすくて、PS3への録画番組配信もスムーズの一言です。ただ、当たり前ですけど、レコーダーの電源が入ってないとメディアサーバーも停止状態なのですね。
あと、ブルーレイはレンタルで借りてきて観てみたのですけど、これはそれほど綺麗には感じませんでしたね(テレビの解像度が1366x768だからかな?)。反対にDVDはアップスキャンの効果かすごく綺麗に感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPad発表

ひさしぶりにブログφ(`д´)カキカキ

Twitter初めてからというもの、8割くらいはそちらで済んでしまって、ブログにまとめて載せようという気力が…
それだけ、たいしたことを書いてこなかったということでもあるのでしょうけどね。

とりあえず、まずは旬な話題として「iPad」が発表されましたね。詳しくはこちらの記事でもみていただくとして、個人的な感想は「微妙」ですかね。

MacOSを搭載して、このサイズであればかなり魅力的だったのですけど、iPhoneと同じOSではできないことが多すぎて、結局パソコン使ったほうが楽だということになりそう(Flashやマルチタスク非対応)。そういう意味で、中途半端というかターゲットがわかりにくいですよね。

まあ、これはあくまでもノートパソコンの代用品と考えた場合…であって、アップルがいうように「iPhoneとノートパソコンの間を埋めるもの」としての地位を確立できれば、予想外の化け方をする可能性はあるかと思います。でも、それにはまず、どれだけ多くのコンテンツを引き込めるかというのが課題となってきますよね。

そんなわけで、わたしは即購入にはいたらないかなぁといったところです。正直なところ、新しモノ好きとして興味はあるのですけど、まだ使っているイメージがわかないかなぁという感じですかねぇ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SHURE SRH440 ポータプル用ケーブル

絶賛愛用中の「SHURE SRH440」ですが、お外で使うには付属のカールコードは重すぎるというのが難点。純正のストレートケーブルもあるのですが、それは2.5mもあってかなり長すぎる。せっかく交換可能なシステムなのですから、さくっと適当なケーブルに交換しようと思ったのが長い旅の始まり…

ヘッドホン側は2.5mm超ミニステレオプラグというもので、それを普通の3.5mmミニステレオプラグに変換する必要があるのです。

Dsc00330

Dsc00326

Dsc00329
(そのままでは入らないから、先を削っています)

と、まあ、最初はヘッドホン側に2.5→3.5変換プラグを差してやろうと思ったのですが、この方法だと、どうしてもプラグの長さが長くなってしまって、装着すると肩の辺りにケーブルが当たってしまうのですよね^^;
これでは使えなくはないですけど、当たるたびに気になって仕方がないです。

Dsc00331

Dsc00332

そこで、50cm長の2.5mmプラグのケーブルをこちら(ここのケーブルだと無加工でヘッドホンに入ります)で購入して、「FiiO E1」のリモコン部分に2.5→3.5変換プラグを入れることにしました。
リモコン部分は不格好になってしまっていますけど、それはもうあきらめて、しばらくはこれでいくことにします。
本来は、ケーブルを自分で短くする技術やお店が近くにあれば、純正のストレートケーブルを短く切って使うということも出来るみたいなのですけどねぇ

でも、ここまでいろいろやってケーブルは用意できたのですけど、肝心のSRH440は最初の1回だけで、その後、お外では一切使ってないという現実w
電車の長時間移動とかにならいいのでしょうけど、通勤通学で頻繁に歩きもはいるような用途だと、このヘッドホンだけでも結構重いのですよね^^;

| | コメント (0) | トラックバック (1)

NetFront Browser v4.0 for WM コンセプト版

NetFrontもとうとうv4ですかぁ
日本語にもなって、操作性もあいかわらず良い感じなのですけど、いったいいつになったら正式版がでるのでしょうかねぇ^^;
試用期間が切れるたびに入れ直すのがすごく面倒なわけですが…

DLはこちら
(試用期間は6月30日まで)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPhone用ポータブルアンプ「FiiO E1」

----------ブログ移転のお知らせ----------

Img_0449

iPhone用ポータブルアンプ「FiiO E1

ポータブルアンプには以前から興味があって、「Fiio E5」は海外通販のついでに購入していたのですが、Dockケーブルがけっこう高価でどうしようかと思っていました。
そうこうしていたら、オーテクからも「AT-PHA30i」が発表され、品質も良さそうだったので音にも期待していたのですが、実際に試聴してみると価格ほどの効果は感じられませんでした。

そんなことをTwitterでつぶやいていたら「FiiO E1」のことを教えていただきまして、これなら安いですから、失敗してもいいやと購入してみることに。
時間が無くて、お店でも試聴せずに買って帰ったので、最初は不安でしたけど、長く使ってみるとそんな不安は消え去りました。

製品の細かな説明はこちらの公式サイトにお任せするとして、実際に使ってみた感想を書いていきます。まず、Dockコネクタはかなり大ぶりで、わたしはiPod touchにつないで使っているのですが、結構邪魔になるサイズです。そして、そこから伸びるケーブルもちょっと長くて、ケーブル長が0.5mのイヤホンでも少し長く感じるくらいです。

次にリモコン部分ですが、コンパクトでデザインもさりげなくて好印象です。操作は再生/一時停止・ボリューム大/小・曲送り/曲戻りが行えて、touchでもiPhoneでも問題なく使えます。しかし、Hold機能などはなく、ボタンの形状から曲送り/曲戻りの誤操作が起こりやすく感じました。あと、細かな点でいえば、iPhoneにこの手のDockアクセサリをつなぐとエラーがでることがありますけど、この製品ではそういうことはありませんでした。

肝心の音質は、最初の1音を聞いただけでわかるくらい、霧が晴れた感じというかすっきりした音に変化します。しかし、始めて聴いたとき、この音がいい音なのかどうか、正直判断に迷いました。というのも、すっきりとはしているものの、空気感みたいなものが削がれているというのか、音の一体感や雰囲気がないというのか…
しばらく聴いていてわかったのですが、このアンプを通すと1つ1つの音がはっきりと聞こえる分、バラバラに聞こえてしまうのかもしれません。ですが、解像度を高く感じるかというと…?なので、なんとも評価を下しにくいのです。

なんだか微妙な言い回しになってしまいますが、普通にヘッドホン出力から聴くよりは、確実にすっきりとしたクリアな音に変化はしますし、この価格であれば、単純にリモコンが欲しいという人にもオススメできます。しかし、電池の消耗は激しくなるらしいので、iPhoneで使われる場合には注意が必要かもしれませんね。

このアンプを使って音楽を聴いていると、ときどきはっとさせてくれるような瞬間があったりもして、アンプの世界も奥が深いなぁと感じていますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SHURE SRH440

Img_0432

twitterでは報告済みですが、2010年もやっぱりヘッドホン・イヤホン欲しい病が…

わたしが所持しているものは、どれもわりとクセの強いものが多くて(オーテクやBOSEなど)、次買うならフラットな音質のヘッドホンが1つ欲しいなぁと思っていたのです。
そんなとき、カナル型イヤホンでは有名なSHUREがヘッドホンを発売したという話を聞き、ネットでの評判もみるとかなりの高評価。
もともと、SHUREのイヤホンというと、わりとフラットな鳴り方をすることで有名ですし、きっとヘッドホンも同じような傾向だろうなぁと、この時点ですでに買う気満々でした。

ところが年末は忙しく、視聴に行く機会もなく、渋々棚上げしていたのですが、年が明けてやっと時間も出来たので、さっそく視聴してきました。
最初聴いた印象としては「あれ?こんなもの?」という感じだったのですけど、よくよく聴いてみると、この特徴のなさが特徴なのですね。
低音が豊かとか高音が煌びやかとか、そういった目立った特徴はないのですが、一音一音がはっきりと聞き取りやすく、だからといって五月蠅くはならず、非常に耳心地のいい音なのだと気が付きました。

SRH440とSRH840を視聴したのですが、2つを比べるとたしかにSRH840のほうが音に高級感というか深みがあります。そのぶん、表情も豊かで聴いていて気持ちがいいのはSRH840だと感じました。
しかし、少しの差とはいえ、SRH840は重量が重く、装着感に難がありますね。
SRH440でも十分に重く、結構な負担に感じるのですが、SRH840はさらに重いです。

Img_0431

そのほか、価格のバランス(コレ重要w)も考慮して、わたしはSRH440を購入することにしました。
家では鳴らしっぱなしにして聴いていますけど、このクラスのヘッドホンで聴くと、同じ曲でも新たな発見があったりして楽しいですね。
でも、ヘッドホンがよくなると、今度はiPodでは物足りなくなりそうで怖いですw

次回はヘッドホンケーブルについて…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年始からいい買い物をしたぁ

Img_0425

2010年、初お買い物はBluetoothキーボード「TK-FBP014」でした。
このキーボードはBluetoothで9台の機器に接続できるのを特徴としているのですが…
まだ少ししか使っていませんが、これはすごく便利ですね。

購入前は、切り替え時のもたつきや接続エラーなんかがあったりして、どうせ使いにくいんだろうなぁなんて思っていましたけど、完全にいい方向に裏切られました。
切り替えも1秒2秒とかそんなレベルですし、頻繁に切り替えていてもまったく問題ありません。

わたしが購入したのはテンキー付きなのですが、テンキー無しバージョンもあるみたいですね。
テンキーありでも十分に小型でNumLockの問題を考えれば、こちらで正解だったかもです。
しかし、少しでもコンパクトに…という人はテンキー無しだと、かなりコンパクトになりそうです。

さっそく、パソコン2台とPS3にペアリングして使っているのですが、いやぁ机の上が広くなりました。
ただ、メインのキーボードとしては、ちょっと残念な打鍵感(ノートパソコンのキーボードそのままです)なので、もう少し大きくてもいいから、もっとしっかりとしたキーボードのバージョンも出していただければ、絶対に買います。

キー配列は、わりとクセが無くて、これはこれで使いやすいですね。
CapsLockやNumLockの状態を知らせる表示がないのは、ちょっと戸惑いますけど、そこは慣れていくしかないですかね。

複数台のパソコンを使っていて、机に並んだキーボードが邪魔…なんていう人には、すごくオススメできると思います。
ただ、コンパクトなだけに、入力のしやすさは期待しないことですね。

追記:
セカンドパソコンはBluetoothが内蔵されていなかったから

これも一緒に購入しました。当然なんの問題もなく使えています。
それにしても、Bluetoothアダプタってすごい安いんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »