« TouchDiamond(S21HT) ニコニコ動画対応TCPMP | トップページ | DS「ドラゴンクエスト4」 »

映画「紀子の食卓」

映画「紀子の食卓」

う~ん…これは難しい。なにが難しいか?
見終わったあとの感情をどう表現していいのかが難しい。

「みんな何かしらの役割を演じている。
娘であったり、父であったり、彼女であったり、友人であったり…
それらのものが役割である以上、それを別の誰かが替わりに行うことも出来るのではないか?ということを、ごっこ遊び的な視点で描いた作品」

役割というものは確かに存在していて、自分もまわりからその役割を期待されている。
そんな風に感じることってありますよね。
そういう意味では、この映画で描かれている感覚っていうものは理解できます。
そして、紀子たちは疑似家族という現実と虚構の狭間で「自分」とは何者なのか、という究極の命題にぶち当たるわけですが、紀子・ユカ・徹三・クミコはそれぞれの結論を出すことになります。

しかし、やはりどうしても違和感を感じてしまうのは、登場人物たちの自我の希薄さというか、自意識の低さというか…
そこまで簡単に倒錯した思考にたどり着くものなのか…そのあたりの描写がもう少しあればよかったのかなぁと思いますねぇ

約2時間半とちょっと長い映画ですけど、メインの4人、とくにユカ役の吉高由里子さんの演技がすばらしくて、それほど長時間には感じませんでした。
まあ、R-15ということもあり過激な描写も多く、内容的にもすかっとさわやかというものではないので、ある程度の疲労は覚悟してごらんになったほうがよいと思います。

|

« TouchDiamond(S21HT) ニコニコ動画対応TCPMP | トップページ | DS「ドラゴンクエスト4」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/144794/28431555

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「紀子の食卓」:

« TouchDiamond(S21HT) ニコニコ動画対応TCPMP | トップページ | DS「ドラゴンクエスト4」 »