« S21HT キーロックアプリ | トップページ | 12月といえば »

小説「螺鈿迷宮」海堂尊

小説「螺鈿迷宮」海堂尊

チーム・バチスタの栄光」「ナイチンゲールの沈黙」でも登場した東城大学や桜宮病院を舞台とした作品。
直接のつながりはそれほど無いが、間接的・根本的に絡み合う。

東城大学の医学生 天馬大吉は、幼なじみの記者 別宮葉子からの依頼により、終末期医療の先端施設として注目を集めている碧翠院桜宮病院に看護ボランティアとして潜入することになる。
碧翠院病院の経営者一族には黒い噂が絶えず、入院患者も次々と不自然な死を遂げる。
これは本当に病死なのか、それとも何者かの意図によるものなのか…

--------------------

不定愁訴外来の田口先生は今回出番無し。
しかし、白鳥はあいかわらず暴走していますし、いままで「氷姫」と呼ばれていた白鳥の助手もその姿を現します。
バチスタ、ナイチンゲールと毎回ちょっとずつ作風を変化させてきた海堂尊さんですが、今作でも少し浮世離れした世界観が描かれています。
社会性の強い内容なのですが、それを上手く料理して娯楽性の高い作品に仕上げていますね。



|

« S21HT キーロックアプリ | トップページ | 12月といえば »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/144794/25910995

この記事へのトラックバック一覧です: 小説「螺鈿迷宮」海堂尊:

« S21HT キーロックアプリ | トップページ | 12月といえば »