« リネ2 次のターゲットは… | トップページ | リネ2 捕獲完了 »

小説「チーム・バチスタの栄光」

映画にドラマに次々と映像化されている作品です。
医療ミステリということで、難しそうだなぁという印象でしたが、内容的にはかなりライトなミステリ作品でした。
謎解きというようなものではなくて、単純に物語とキャラクターを楽しむ感じです。

上巻を読む限りでは、わりと地味なストーリー展開でしたが、探偵役?の白鳥が登場する下巻からは怒濤の展開です(いろんな意味でw
巻末の解説でも語られていましたが、この白鳥のキャラクターはなんと形容したらいいのか迷います。
イン・ザ・プールの伊良部一郎とトリックの上田次郎を足して2で割ったような…というのが、一番当てはまっているのかなぁ

|

« リネ2 次のターゲットは… | トップページ | リネ2 捕獲完了 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/144794/24428633

この記事へのトラックバック一覧です: 小説「チーム・バチスタの栄光」:

« リネ2 次のターゲットは… | トップページ | リネ2 捕獲完了 »