« リネ2 ユニクロ? | トップページ | リネ2 マジェメアマジェメア… »

小説「誰か Somebody」宮部みゆき

小説「誰か Somebody」宮部みゆき

今多コンツェルン広報室に勤める杉村三郎。
会長の娘婿として相談を受ける。

会長の運転手をしていた男が事故死した。
その娘たちは父親の死の真相を知るべく
亡き父について本を書きたいという。

相談を受けた杉村は、一見普通の人生を送ったかのようにみえる、この義父の信頼する運転手であり2人の娘の父親でもある梶田信夫の人生を辿ることになる。
そこには高度経済成長期を懸命に生きた家族の姿がみえた。

そして、意外な過去も探り当てることになってしまう…

--------------------

宮部みゆきさんの作品も好きでよく読むのですが、最近の作品は少し社会派よりというのか、いろいろと考えさせられる部分がありますね。
とはいっても、そんなにくどくどとお説教じみた物ではないので、物語はスムーズに進行していきます。

登場人物も個性的で好感が持てますし、シリーズ化もわかる気がしますね。
でも、最後に1点だけ気になるのは、読み終えたあとのもやもやとした気持ち悪さです。
お話しとしては、そんなにすべてがうまくいくわけがないというのはわかるんですけども、どうにもスッキリとしない。
そして、杉村三郎が「逆玉の輿」について言われるシーンがいくつか出てくるんですけど、三郎は1回もそのことについて真剣に返答しないんですよねぇ
それが大人の対応という物なのかもしれませんが、ちょっと感情的な部分もみてみたかったかな。

|

« リネ2 ユニクロ? | トップページ | リネ2 マジェメアマジェメア… »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/144794/23899024

この記事へのトラックバック一覧です: 小説「誰か Somebody」宮部みゆき:

« リネ2 ユニクロ? | トップページ | リネ2 マジェメアマジェメア… »