« リネ2 ここまでくると… | トップページ | Victor「HP-RX500」 »

小説「魔性の子」小野不由美

小説「魔性の子」小野不由美

わたしは十二国記を全部読んだあと、この作品を読みました。
しかし、刊行順としては、こちらの作品のほうが先だったのかな?

十二国記を読んでいるものにはおなじみの泰麒。
彼が蓬莱へ戻っているときのお話しです。
といっても、それは十二国記目線で見た場合であって、この作品単体として考えると、異世界からきた異端者の物語ということになるのかなぁ

--------------------

教育実習生の広瀬は、かつての母校へ赴任する。
受け持ったクラスには、異質な雰囲気を持つ少年がひとり。
その生徒は名を高里といい、幼少期に神隠しにあった。
神隠しから戻って以来、彼に害をなすものは祟りにあう。

まわりから異質なものとして扱われる高里。
彼に共感を感じ興味を持つ広瀬。
2人に共通するのはこの世界への違和感。

自分の本当の居場所はここではない…

--------------------

十二国記を読んでいないと、少し理解しにくい部分もあります。
しかし、それを補ってあまりある迫力がこの作品にはありますね。
とくに後半の広瀬と高里、この2人の差異があらわになるとき、あのシーンには圧倒されました。

十二国記の小説、アニメも一緒にみると、より世界観がつかみやすいのではないでしょうか。

|

« リネ2 ここまでくると… | トップページ | Victor「HP-RX500」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/144794/23108208

この記事へのトラックバック一覧です: 小説「魔性の子」小野不由美:

« リネ2 ここまでくると… | トップページ | Victor「HP-RX500」 »