« MHP2 日々これ精進 | トップページ | EM・ONE 「ポケットライト」 »

小説「死の精度」伊坂幸太郞

小説「死神の精度」伊坂幸太郞

死神は身近にいる。
1週間の調査ののち、対象者の死に可否がくだされ、8日目には死が実行される。

死神たちは、調査のために人間に扮して対象者に近づく。
しかし、死神たちは人間には興味がない。
それでも、今日も調査のためにやってくる。

それが彼らの仕事だから…

--------------------

金城武さん主演で映画化もされる作品です。
色々つっこみどころのある設定ではありますが、死神のキャラですべてを帳消しにしていますね。
物語のほうも全6編の短編集という形なのですが、全部読み終わってとてもスッキリしました。

1つ1つのお話はわりと淡々と進んでいってあっけなく感じますが、なにかじんわり「よかったなぁ」と思わせてくれる作品です。

|

« MHP2 日々これ精進 | トップページ | EM・ONE 「ポケットライト」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/144794/11464522

この記事へのトラックバック一覧です: 小説「死の精度」伊坂幸太郞:

« MHP2 日々これ精進 | トップページ | EM・ONE 「ポケットライト」 »