« 小説「霧越邸殺人事件」綾辻行人 | トップページ | 蕎麦道楽 »

小説「4TEEN」石田衣良

小説「4TEEN」石田衣良

人の何倍もの速度で老いていくウェルナー症のナオト、大柄で太っていて汗っかきのダイ、小柄でメガネをかけて秀才のジュン。そして、一番普通でこの物語の語り手でもあるテツロー。
生まれた家柄や育った環境は全然違うけど、いつも一緒に遊ぶ同じ中学校の同級生四人組。
受験に追われる三年生でも、入学したてで浮足立つ一年生でもない。中学二年生。
そんな、ちょっと空白の時間に14才の少年達がなにを考え行動するのか…
東京・月島を舞台に物語は始まります。

「池袋ウエストゲートパーク」「アキハバラ@DEEP」などの作品を世に出す、石田衣良の直木賞受賞作。
文章は読みやすく、でも、どこか情緒的でもあって、月島という東京の下町?を走る少年たちの自転車が目に浮かびます。
(わたしは関西人なので、東京の地理は全くわかりません)
恋愛、同性愛、摂食障害、援助交際、プチ家出、少年少女たちが抱える問題を自然に物語の中に溶け込ませて、それを解決するんじゃなく、どう向き合っていくのかを考える。
もちろん、大人である作者が書いたものですから、当の中学生が読んだら笑ってしまうかもしれません。
しかし、現実を忘れて、作品の世界にどっぷりと浸かってしまえば、きっとそんな気恥ずかしさも忘れて、なにか感じることができる作品ではないでしょうか。

4TEEN 4TEEN

著者:石田 衣良
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 小説「霧越邸殺人事件」綾辻行人 | トップページ | 蕎麦道楽 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/144794/3291333

この記事へのトラックバック一覧です: 小説「4TEEN」石田衣良:

« 小説「霧越邸殺人事件」綾辻行人 | トップページ | 蕎麦道楽 »